高津市民オーケストラ

トップ > フォトレポート

今週の縁の下の力持ち

                                                     文責:編者A

W氏

  • 今年も無事ファミリーコンサートを終えることができました。ご来場いただいたお客様、楽しんでいただけたでしょうか。
  • このファミリーコンサートの企画、前団長のWさんが作成されています。ファミリーコンサートがトーク形式になったのは2006年。あらためて、その内容を振り返ってみると。
開催年テーマ
2006年「素晴らしきエンディングとの出会い "三大交響曲・フィナーレの饗宴"」
2007年「美しき旋律と伴奏のヒミツを探る」
2008年「調性の不思議に迫る 〜長調と短調・あなたはどちら派?〜」
2009年「2拍子と3拍子は合体できるか?」
  • よく考えたら2006年ファミリーコンサートは、僕が入団して初めて出た演奏会でした。運命の4楽章、新世界の4楽章。おいしいところだらけの熱い演奏会でした。
  • 2007年。前回の演奏会から3ヶ月の準備での本番。2ndトップM氏が末永先生の質問に対し、「そんなの関係ねぇ」と答えたことが思い出され、時の流れの速さを感じずにはいられません。そしてモルダウが鬼といってよい難易度でした。
  • 2008年。明るく聞こえるのに短調!そんな引っ掛け問題が。そのからくりは遅く弾くと悲しく、早く弾くと楽しく聞こえる。なるほどとステージ上で思いました。
  • 2009年。悲愴の2楽章は5拍子。これを覚えておけば、あなたもクラシックマスターです。

DSCN5777.JPG

  • W氏変身前

DSCN5804.JPG

  • 変身後
  • 長年にわたってすばらしい企画を出してくれているW氏。身内のことをこのHPで書くのもなんなんですが、本当にありがとうございます。
  • さてさて来年は、いかなるテーマとなるのか?来年は僕も企画にエントリーしてみようかしら。テーマは「ビジュアルにこだわる」でいきたいと思います。

秋山さん

今週の危機一髪

O氏

  • 15回定期演奏会の記事で「カメラを向けると変顔をしてくるOさん。次回演奏会では彼女のソロが聞けるかも!?」と書いたO氏。やってくれました。
  • コンマスY氏多忙につき、今回の演奏会、彼女がコンミスを引き受けた。
  • ところがその彼女、サブプライム問題の抜本的解決のため、本番2週間前にアメリカに出張に!
  • 見事、スケジュールを2週間前倒して問題を解決。ダウ平均は9000ドルを回復し、本番前日に日本に帰還したのだった。

DSCN5803.JPG

  • 一番笑顔の人がその人です。この中におばけはいません。
  • 次回演奏会のコンマスはY氏。彼も海外出張が多い。果たしてO氏にまさるハプニングを起こせるか!(冗談)

メニュー

団員用「要ログイン」

  • 21回定期準備
  • 2017第九準備
  • 発展途上オケ
  • フォトレポート
  • 中長期計画
  • 団内情報
    • 要ログインのページはログインしないとリンクになりません。
    • ここからログインしてください。

↓ログインするとUSERと表示
「NOT LOGIN」

リンク